fc2ブログ

カブトのメス

籠の中に、カブトムシが...
S__3743785.jpg

今年もいちごが

IMG_4279.jpg

IMG_4278.jpg

ばんえい競馬の虐待問題について思うこと

先日、ばんばの能力検査で坂の途中で動けなくなった馬を騎手が顔を蹴り上げている場面が中継され、視聴者からの通報を経て、(行為が虐待に当たるとされ、)その騎手は訓告処分を受けることになりました。
競馬や乗馬のことがニュースになる場合、なぜかネガティブな記事ばかりが目につきます。
私はこの騎手のことはおろか、ばんえい競馬そのものについても詳しいわけではありませんが、それにしてもあまりにも表面的すぎる取り上げられ方、また、その読者の単純すぎる反応にも、情けない感情(自分の力のなさという意味です)しか湧きません。
少し調べればわかることですが、ばんえい競馬で使われているばん馬は農耕馬としての用途がなくなった現在は(レース以外では)食肉用としての利用価値しかありません。そこで、経営が難しい中、各関係者の努力によって、重種の特性を生かした荷重をかけたレースが行われるようになりました。
今回の能力検査はレースに出るための検査なのでその能力がないと判断されれば処分されるしかありません。該当の騎手を擁護するつもりはありませんが、この馬をなんとかして生かしてあげたい一心で顔を蹴り上げたと考えられないでしょうか?前膝がついてしまっていたので顔を上げさせることは理にかなっています。事実、周りのスタッフもその行為をやめさせようとしている気配がありませんでした。(誤解のないように補足しますが、動物への虐待行為は決して容認されるものではありません。)
本当の問題点は(顔を蹴り上げた騎手ではなく、)レースの能力がない馬に生きる道が用意されていないことです。
サラブレッドのような軽種ならまだ乗用馬への転向の道もありますが、重種の場合は観光地の馬車馬ぐらいでその必要数はごくわずかです。
人間は勝手な生き物です。
トラクターの登場によって、いままでなくてはならなかった農耕馬たちは無駄飯ぐらいに転落です。
でも当事者たちを非難することはできません、馬に限らず、多くの動物は同じ運命が待ち受けています。
だからこそ人間の都合で作られた命は、その一生を人間の責任で全うさせてあげられる方策を考えるべきです。
今回の件だけではなく、ばんえい競馬そのものが虐待ではないかともよく耳にします。確かにあんなに重いソリを引かされてムチで叩かれながら苦しげに坂をのぼっている馬を見ると、なんともいえない気持ちになります。
しかし、中でやっている人たちはみんな馬のことを大切にしています。レースが終わったら十分な愛情を持って世話をします。何も好きでムチを使っているわけでもありませんし、お金のためにできる仕事でもありません。
ばん馬を保存するため、というのは理解できますが、もっと違う形での人との共存を図ることはできないのでしょうか。
もし、本当にこれしか道がない(レースに出られなければ食肉になる)のだとしたら、ばん馬の保存そのものが必要かどうかを考え直すべきでしょう。

セキレイの巣

IMG_3117_202005241809064b5.jpg

孵りました。

さく癖防止ゴムバンド

久しぶりに牧場ネタです。グイッポには皆さん頭を悩ませているところですね。
さく癖防止バンドやジェルなど対策品も色々ありますが、、、、
もっとも安易かつ安価な対策をご紹介します。

IMG_3050.jpg

今の所、3日間は無事です。
ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター