FC2ブログ

決めたことと、決められないこと

今まで準備期間は結構タップリあったのですが、いざ、決断しないといけないとなると、いろいろ考えてしまい、なかなか結論が出ないでいます。
しかも、決めないといけないことが、とってもたくさんあります。

厩舎については、だいたい固まりました。
(人間用の)トイレの位置をどうするかを散々迷いましたが、結局は最初の考えに戻るという、セオリー通りの結果になりました。
工務店さんは人間用の建物は作ったことはあっても馬用はないので、どうしてもスペックに過不足が出てきてしまうのですが、一つ一つちゃんとできたと思っています。
詳細はまた改めて書きます。

いま、自宅を考え中です。
考えてみれば、自分の家を立てるときは、コンセントやスイッチの位置、窓や扉の色、形を考えていたものですが、到底そこまで熟考している時間がありません。細かいところは工務店に任せてしまうしかないようです。
後から変えられるものはいいのですが、大きいものがいくつかあります。

頭を悩ましているのは、自宅の暖房方法についてです。
工務店さんは床暖房がおすすめなのですが、イニシャルがかなり大変なことになります。
まあ、絶対確実な方法ではありますが、暖炉もあるので、ベースの暖房はそこまで必要ないともいえます。
いままで、調べた中で有力なのは、半床下エアコン(吸気は室内で、温風を床下に送る)か温水パネル方式です。

温水パネル自体は歴史あるやり方なので、問題ないと思うのですが、いかんせん、室内の温水パネルが邪魔です。
温水パネルを使う代わりに床の一部を開口して放熱器をそこにはめ込むのは、なかなかいいアイデアだと考えています。これも、とくに悪いところはないと思いますが、問題は工務店さんに経験がないことです。結局、床暖房とくらべて、どの程度の経費削減になるかよくわかりません。同じ熱量では、少なくとも熱源機は同じものが必要ですし、配管も格段に少なくなるわけではありません。床暖房用のパネルやコンパネは必要なくなりますが、放熱器やガラリ、床に穴を開ける手間がかかります。それに、水回りにガラリをつけると床下に水をこぼしてしまう危険もあります。

もう一つの、半床下エアコンはコストパフォーマンスを考えるとこれしかないと思える方法です。
最大の問題点は、なんといっても欲しいところに、熱をもっていくのが難しいことです。
基礎断熱にしたからといって、床下がポッカリと開いているわけではありません。
内部に立ち上がりがあります。床下点検口からのメンテンスのため、立ち上がりは閉じていません。
そのため、ファンやダクトを使えば、風を送ることはできそうですが、そもそも、エアコンの吹き出し口にダクトをおいても吸ってくれるはずもありません。ダクトの先にシロッコファンをつけて、床のガラリのところまでもっていくことになりますが、思っている通りに行くのかどうかは実際にやってみないとわからないところです。

もう少し、詰めて考えたいところですが、時間が足りないです。

暖炉があるから、普通に普通のエアコンでいいかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ばたばた感が伝わってきます。しかし、ここは工務店任せにすると必ず後悔しそうです。忙しいとは思いますが、寝ないでも、納得いくまでかんがえてください。

No title

コメントありがとうございます。あんまり寝ないでがんばっているのですが、情報量が多すぎて、あまりに全てのことに手が回っていません。・゚・(ノД`)・゚・
ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター