FC2ブログ

ノルマンディの思い出(5)

29日。今日はベスコン審査ですが、同時に退厩の日でもあります。
ラッキーは昨日の疲れから筋肉痛と脚にはれが見られますが、食欲はあるので一安心です。

最初、馬運車は午後出発なので、宿舎のチェックアウトもその前ぐらいと聞いてゆっくりとしていたのですが、先に宿舎を空けないといわれ急遽荷物を車の中に。そして、馬房に残っており荷物を整理し慌ただしく馬運車へ積み込みです、なにしろ170頭もの馬がほとんど一斉に移動するのですからもたもたしていたら大迷惑です。馬を積み込んだらさっさと出発してしまいました。で、このされた私達もラッキーのオーナーさんの運転するレンタカーに同乗させてもらい、馬運車を追いかけることにしました。途中、モン・サン・ミッシェルを見ているぐらいの余裕はあるだろうと思っていたのですが、出発が遅れ、それどころではありませんでした。
馬運車の行き先はこれまで5頭が1ヶ月半ほどお世話になっていたVaumartinにあるファームです。競技場からは南西へパリを経由して300kmあまりのドライブです。
快適な後部座席に揺られながら、気が付くとファームに馬運車とほぼ同時に到着です。ここで、馬たちは9月8日まで過ごすことになります。
荷物を下ろすのを手伝ったり、馬を放牧したり、馬房へ入れたりして、時間は午後8時を過ぎていました。
で、待望の夕食です。このファームはペンションもやっているとのことで、出てきた料理はそぼくながらも全部大変美味しいです。とくに感動したのはチーズとフランスパンとワイン(全部料理じゃないけどね)。フランスパンは独特の香ばしさと硬さ味があります。チーズも普通にスーパーで売っているのですが、日本では味わったことがないものです。ワインも決して高級なものではないのですが、みんなおいしいです。しかも安い!!750mlボトルで3ユーロもだせばお釣りがあります。
あとはソーセージやポテトなどですが、今までのフランスでの食事をすべて帳消しにしてくれるすばらしい家庭料理でした。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター