FC2ブログ

自炊

今日のお題は「自炊」です。といってもご飯を自分で作るのではなく(ベタですみません^^)、本を電子化することです。なぜ、電子化を「自炊」というようになったかは置いとくとして、実際移住するとなったら、本もかなり整理せざるをえないので、牧場開設の準備の準備といえなくもない、という苦しい理由で、ブログの趣旨からはあまり離れていないですよね。

本の整理といっても捨てるのはなかなか勇気が入ります。捨てたあとで、たしかあの本に書いてあったような...なんてことはマーフィーの法則からも明らかです。
そこで、いま流行の「自炊」をやって見ることにしました。
道具は定番中の定番、富士通 ScanSnap S1500+コクヨ PK-513Lです。
そして、食材は簡単そうな薄い会員誌を用意しました。
まず、この雑誌をPK-513LのLEDのラインを参考に切断します。
スパッと、かなり気持ちよく切れます。これは快感!です。
そして切れた材料をよくほぐしてスキャナs1500に載せます。
次にスキャンボタン Push!
結構すごいスピードで紙が送られていきます。何もかも自動で進んでいくのだなぁと思い始めたころ、「ぎゅわーわー」という悲鳴にも似た紙の擦れる音が。
カバーを開けて取り出してみると、この雑誌はカラーと白黒のページがあるのですが、その境目だけのりが多く塗られているらしく、バラバラになっていませんでした。そのところは重なってページ送りされるので結構えらいことになります。それでも、くちゃくちゃになったそのページを広げ戻して再度スキャンしたら今度は何事もなかったかのようにスイスイ取り込んでくれます。

作業が簡単なのは文庫本です。これは気持ちよく行きます。
ハードカバーも表紙を剥がすのに思い切りが入りますが、それ以外は文庫本と同じです。
裁断機に入る厚みが制限されるので、分厚い本は予め複数の束に分けないといけないのがちょっと面倒ですが、それもすぐに慣れます。厚みさえ守れば、何でもスパット切断してくれます(ただしホッチキスには注意)。

これはあとで気がついたことですが、一番最初にやった雑誌はかなり難易度が高く、だいぶ経験を積んだあとでも、失敗することがありました。雑誌は違ったサイズの紙を挟んであることがあります。その部分だけ違った糊付けしてあったりすると、それに気が付かないでスキャンすると重送されて、ちょっと面倒です。まあ、それも経験を積めばいちいちどこまでスキャンしたかなんて確かめることもなく次々とできるようになるので、あまり神経質にバラバラにするよりも重送したら治して再スキャンする、という方針で行くほうが速いかもしれません(でもこの場合、重送されたページは結構くちゃくちゃになるのでそれが嫌な人はやめたほうがいいです)。

この自炊セットは久々の大ヒットです。
まず裁断機ですが、切れ味も素晴らしいし、裁断機に入る厚みのものはなんでもまっすぐに切ってくれます。
スキャナは処理速度が気持ちいいです。それと、これはソフトですが文字認識がすごく正確です。
某AcrobatのOCRよりもはるかに賢い。とくに解像度を300dpiでスキャンしたときはacrobatは結構むちゃくちゃな認識をするのですが、scansnapについている文字認識は賢いです。ほとんどあってます。
しかし、残念な点が2つあります。
1つは出力されるpdfファイルのサイズが結構大きくなります。そのためにacrobatのclear typeを使えばサイズは小さくなるのですが、文字認識までacrobatが(すこし悪く)付け替えるので使えません。
2つめは付属ソフトのScanSnap Organizer内で管理している文書の全文検索ができないことです。
せっかくちゃんと文字認識して文書内に埋め込んでいるのに、なぜ?
まあ、この辺が富士通らしいところなのかなぁ...
このためだけにacrobatを開かないといけないのですが...改良してください。
ひょっとして特許がからんでるのかなぁ...

そして、もう読まない&きれいな&値段のつく本は裁断せずに、amazonに出品。

お陰で本棚はかなりすっきりしました。
そして床には裁断済みの本の残骸で足の踏み場がなくなってしまっている。
この残骸を捨てるのが一番手間だったりします^^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター