FC2ブログ

海外通販

馬具や自分の服を購入するために海外通販を利用する機会がありますが、日本に送付してくれるショップは結構めずらしい存在と言えます。ショップにしてみたら僅かな利益のためにそんな面倒なことはできないと考えるのが普通なのでしょうね。
とくに、US amazonなどで見つけた、そこでしか売っていないものを買うのができないときは結構ショックだったりします。カートにはちゃんと入ってるのに、いざorderボタンを押すと「あなたの指定したところには発送できません!」などと英語で警告メッセージが出たりします。
でも、世の中うまくできています。こういった不満を集めて商売にする人がいます。「転送サービス」です。昔からあるのはあるのですが、名の知れているところはなく、なんとなく口コミでここなら大丈夫などと書かれているのを頼りにするのも、あまり気持ちいいものではありません。
でも、最近(最近じゃなかtらごめんなさい^^;)天下の日通がこのサービスをやっています。
料金も特に高いということはないようです(ちゃんと調べたわけではありませんが...)。
手順は以下の通りです。
1.日通のサイトに登録して、アメリカの住所(送り先)をもらいます。
2.amazon.comで注文する際の送り先は先程のアメリカの住所を記入します。
3.日通のサイトで注文内容を登録します。
4.そして、invoiceを日通に転送します。
と、これだけです。書くと長いですがそれほど手間というわけではありません。
まだ、注文しただけで届いていないのでなんともいえませんが、数千円の手数料+送料で直輸入ができるならば、商品によってはかなり安い買い物が出来る場合もあると思います。
とくに、日本に代理店があり、本国価格に対して高額のマージンをとっているような商品はかなりお買い得になります。

でも、疑問なのは、なぜアマゾン自らがそれをやらないのでしょうね。
転送サービスが商売になるぐらい儲かるなら、USアマゾンが日本からの注文品を自社分と各ショップの分をあわせて一括して日本アマゾン(あるいは運送会社)に発送することにすれば、アメリカ国内配送がいらないだけでも、他の転送サービスよりもアドバンテージがあります。通関手続きなど面倒な事もあるのでしょうが、それに見合うだけの収益もあるのではないのでしょうか?

TPPが話題になっていますが、これも一種の貿易障壁ではないのでしょうか?
通関手続きなどが簡略化されて、こういった不便もなくなればいいのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター