FC2ブログ

暖房の話の続き(その2)

次に仕様のはっきりしているヒートポンプ熱源機で本当にこれまでのことが実現できるかどうか見てみます。

三菱エコヌクール レオ
定価は 寒冷地仕様で 346500+219450*2=785,400円
楽天価格で 50万円

外気温が7度のときで COP3.9。仕様表には親切なことに暖房能力と外気温度との能力特性表が載っています。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/works/nakatsugawa/econucool/eco_leo_spec_b.html
これから類推して、7度の時と比較して、0度で78%、-10度で60%の効率になる。COP値で言うとそれぞれ3.0、2.34。
電気代は別にして、絶対的な暖房能力は-10度で8kWと読めます。前回の計算では6kwでやや不足する感じだったので十分の能力があるといえます。

昨日の蓄熱材の続きですが、
蓄熱式床暖房に使われている蓄熱材で硫酸ナトリウム10水塩というのがあります。
値段はよくわかりませんが、蓄熱量は水の5倍と書いてます。(ついでにコンクリートは水の5/13倍らしい)

もし、この蓄熱材を使用することで夜間電力で全熱量を賄うことができるならヒートポンプユニットが必要なくなり、かなり初期費用が安くすむ可能性もあります。
ヒートポンプユニットの平均COP値を3として、総電力量は
108,000 kcal/day =125.6kwh/day なので 125.6/3=41.8 kwh 平均の電気代を22円として、月に27,627円。
ヒーターではCOP=1,夜間電力10円として37674円。その差約10,000円。冬季だけなので年に50,000円程度か。50万円稼ぐには10年かかる計算になる。
もちろん、これは電気ヒータ+蓄熱材が温水配管+蓄熱モルタルと同じ値段としての計算です。それと、蓄熱材の性質にもよりますが、モルタルよりも蓄熱材のほうが快適な温度域での温度変化が少ない性質があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター