FC2ブログ

太陽光発電の補助金

懸案になっていた太陽光発電の全量買取制度の買取価格について大きな進展がありました。
それは予想を超える42円/kwhというものです。しかも20年間です!
いまはまだ、調達価格等算定委員会の委員長案という形ですが、このまま決まる公算が大でしょう。
なお、家庭用の10kw未満のシステムは従来通り余剰買取制度が継続されます。
余剰買取の買取価格も42円/kwhなので、やや不公平な感じもしますが、10kwを超える場合は補助金は出ないので、それで調整されているということなのでしょう。
で、ちょっと計算してみましょう。
年間の日照時間から1kwあたり、
42*1200≒5万円
最低の10kwとして年間50万円の売上があります。
一方、パネルの値段はどんどん安くなっています。25万円/kwなどというのも見つけましたが、これは特殊なケースでしょうから、30万から35万円というのが妥当でしょう。
ということは6年から7年で元が取れることになります。
パワコンの寿命が10年ぐらいであることやその他の機器もまったくメンテナンスフリーということもないでしょうが、それにしても、20年間で考えれば十分利益が得られることが予想できます。
厩舎の屋根は片流れにして全面太陽光パネル張りにしようかな。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【太陽光発電】

懸案になっていた太陽光発電の全量買取制度の買取価格が決定しました。それは予想を超える42円/kwhとい度が継続されます。余剰買取の買取価格も42円/kwhなので、やや不公平な感じもしま...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホームページ
八ヶ岳ホースケア牧場
プロフィール

かず

Author:かず
馬乗りです。
妻および愛娘(犬)あり。
世間一般には中年あるいはおじさんなどと呼ばれる年齢ですが、かたくなに認めません。
愛馬と家族とともに牧場を開業中です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター